社交ダンスのダンスサロンってどんな所?

ダンスサロンってどんなところ?

社交ダンスをされていて、ダンスサロン当言葉を聞いたことはありますか?
端的に言えば、社交ダンスが踊れるお店です。

社交ダンスが踊れるお店は、ダンスホール、ダンスパブ、ダンスサロン、と様々な形態がありますが、どれも基本的にお客様同士・もしくはお客様と専属のダンサーと踊るお店となっています。

ここでは、ダンスサロンを中心に、ダンスが踊れるお店について解説します。

ダンスホール

ダンスの踊れるお店のことは全部ダンスホールと呼んでも間違いではないとは思いますが、社交ダンスの世界でダンスホールというと、一般的には大型の店舗の事を指します。東京では東宝ダンスホール(閉店)・新宿ステレオホール(閉店)・ダンスホール新世紀大阪のワールド(閉店)といったお店が有名です。

100人以上が同時に踊れるような大型のスペースと、ビッグバンドでの生演奏があったりと、昭和っぽい少しレトロな雰囲気を持ったお店が多いです。
お客様同士で踊ることがメインですが、ほとんどの場合ダンスが踊れる先生やスタッフが常駐しており、時間料金制で踊ってもらったりダンスを習うことができます。

Embed from Getty Images

2020年現在、残念ながら日本にはこの大型のダンスホールはほとんど無くなってしまいました。
現在残っているのは、東京鶯谷の新世紀名古屋のウィンターガーデン(旧ムーンリバー)ぐらいでしょうか?

神戸にダンススタジオカーニバル というお店があるようですが、ダンスタイムパーティーを中心に営業されているようで、いわゆるダンスホールという雰囲気ではない感じですね。

料金ですが、比較的入場料は1500~2500円。
専属スタッフなどに踊ってもらうと、追加で30分3000円といったシステムが多いかと思います。

ダンスパブ

一般的には、社交ダンスが踊れる小さなお店を指します。多くても30名程度のが入場できる広さです。

ダンスが踊れるスタッフが数名いる場合もありますし、お客様同士だけで踊るお店もあります。が、たいていの場合、ダンスが踊れるスタッフが常駐していて、順番に踊ってもらえます。

料金は、大体時間制で1000~3000円程度で3時間前後です。

昔は、もともとカラオケ店やスナックなどがダンスを踊れるようにしたことが多かったようで、おそらくその流れでダンスパブと呼ばれているのではないかな、と思います。
アルコールを提供しているお店もあったり、カラオケや食事ができるお店もあったりします。
2020年現在、昔ながらのダンスパブスタイル(カラオケ・飲食)をやっているところは減ってきていると思われます。

料金:3~4時間
踊るスタッフがいる場合:2000~3000円程度
踊るスタッフがいない場合:1000~2000円程度

ダンスサロン

ダンスパブと同意で理解してもらっても大丈夫です。

ただ、ダンスサロンと名乗っているお店は、近年出来たところが多く、ダンス教室と兼ねていたり、アルコールや食事などがないダンスを踊るだけのお店になっていることが多いように思えます。個人的には、小さなお店の食事やカラオケのないダンスホールスタイルをダンスサロンと言っていいのではないかと思っています。

教室でレッスンを受けても実際に練習しないと中々上達できないので、その練習をする場所として利用されたり、踊る固定の相手がいなくてもスタッフと踊ってもらえるので気軽に社交ダンスが楽しめたりします。またダンス教室のフリーダンスに比べると金額がリーズナブルであったり、若い学生のスタッフが踊ってくれたりするのでフレッシュな感じを楽しむこともできます。

近年は、ダンススタッフにプロの先生が入っていることも非常に多く、リーズナブルな金額でプロのダンスを楽しむこともできたりするので、お勧めです。また多くの場合は、その営業時間の前後に個人レッスンやグループレッスンもやっているので、お気に入りのダンサーを見つけたら、そのまま個人レッスンを受けることができるなど、お客様にとって良い面が多いかと思います。

料金:3~4時間
踊るスタッフがいる場合:2000~3000円程度
踊るスタッフがいない場合:1000~2000円程度

フリーダンス

ダンスホールとはちょっと違いますが、近年では、ダンスホールのような内容を社交ダンス教室が行っています。
通称フリーダンスといいます。ダンス教室内で、1曲~百円で教室の先生に踊ってもらうことができるシステムの場合が多いです。

時間も1~2時間程度、踊れる相手は教室の先生の為、そんなに選択肢はありまあせんが、ダンス教室が行っているので安心感はありますね。

個人レッスンを受けている人には、練習ができる絶好の機会かと思いますし、体験レッスンのように先生と踊りが合うか、というった事を見るのにもいいと思います。何よりプロの先生ですから、技術がしっかりしていて踊りやすいことが多いと思います。

詳しくはこちらの記事も見てみてください。

フリーダンスについて⇒

ワンコインパーティー

正式な名称はないと思うのですが、主に公共施設で行われているダンスタイムパーティーです。

1回数百円で3~4時間と、とても安いのが特徴です。
多くの場合、踊りにいらした方同士で踊ります。
場合によっては主催者の方でダンサー(通称リボン・バラ)を用意している場合もありますが、その場合は少し金額が上がると思います。

人気の主催者だと、100人以上集まるパーティーもあるようです。

まとめ

というような感じで、日本では社交ダンス教室や練習場以外で社交ダンスを楽しめる場所があります。

ぜひ一度皆様も行ってみてくださいね。

池袋の社交ダンスホール ダンスサロンメモリーの写真

池袋の社交ダンスホール<ダンスサロンメモリー>
池袋駅から徒歩6~7分 120㎡の大型フロアでダンスタイムを楽しみましょう!
初心者や全く初めての方でも優しくスタッフが踊ります。

毎週 月~金(土日は不定期)
13:00~16:00 (2800円)
営業詳細⇒